階層型命令を実行する計算機

開放特許情報番号
L2003003035
開放特許情報登録日
2003/3/28
最新更新日
2017/6/16

基本情報

出願番号 特願2001-062274
出願日 2001/3/6
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所、中川 格
公開番号 特開2002-259119
公開日 2002/9/13
登録番号 特許第3541356号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 階層型命令を実行する計算機
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 計算機の動作機構
目的 最大数十ステップ離れた部分を比較することによって見出される並列演算可能性を利用できる方法及び装置の提供。
効果 従来の計算機の設計手法では利用困難であった、命令ストリーム上で数十から数千命令離れた所にまとまって存在する並列実行可能命令群による並列性を、従来計算機の多数命令に相当する処理を上位命令の一命令にまとめて記述することによって利用可能とし、プログラムが本来持つ並列実行可能性を充分に引き出すことが出来る。
技術概要
この技術では、計算機の命令に二階層型命令を導入し、データ処理に関するものは二階層型命令によって処理する。計算機の構造もそれに応じて、従来の計算機に対応する上位計算機構造と、従来の計算機の命令実行部に対応する下位計算機構造の二階層となる。計算機の命令には、命令で行う計算内容を指定するオペコード部と、命令で参照するデータを指定するオペランド部と、次に実行する命令を指定する部分の3部分が存在し、いずれかの部分が欠けているときには、その内容が暗黙のルールで決定されている。二階層型命令では、上位計算機構造の命令解析部は、命令で行う計算内容についての処理を行わず、もっぱら参照するデータの決定、割り付けと、次に実行する命令の決定のみを行う。すなわち、命令の並列実行に影響する部分だけを上位計算機構造の命令解析部が処理する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT