超耐熱性エステラーゼ

開放特許情報番号
L2003003001
開放特許情報登録日
2003/3/28
最新更新日
2015/9/1

基本情報

出願番号 特願2001-054949
出願日 2001/2/28
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2002-253244
公開日 2002/9/10
登録番号 特許第3994150号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 超耐熱性エステラーゼ
技術分野 食品・バイオ
機能 材料・素材の製造
適用製品 ポリヌクレオチドを含有する組換えベクター、アエロパイラム属に属する好気性好熱性古細菌 アエロパイラム ペルニクス
目的 高温下でのペプチド及びエステルの加水分解、またその逆反応であるペプチド及びエステルの酵素的合成、及びラセミ体のペプチド及びエステルの光学分割を可能にするための手段の提供。
効果 90℃でも高活性である耐熱性ペプチダーゼ及びエステラーゼが提供できる。さらに、酵素分子が安定であるという事から耐有機溶媒性の向上も期待できる。
技術概要
この技術では、DNAデータベースからアエロパイラム・ペルニクス(APE1547)の情報を得、酵素遺伝子と推定される配列を選択する。ここで、得られた遺伝子配列情報から、アパープライマー(5’CTTACGACTATCTCAGCGCATTATAATGCCTGT3’(配列番号3))及びロアプライマー(5’TTGGAGCCTCCCGGCGGTGGATCCCTATCTCCT3’(配列番号4))を設計する。アエロパイラム ペルニクス(JCM9820)から常法によって抽出精製したゲノムを鋳型とし、アパープライマー及びロアプライマーを用いてPCR増幅反応を実施する。PCR産物の確認は、PCR産物2μl、色素混合液2μl、TEバッファー5μl、及びHバッファー1μlの計10μlを混合し、0.7%アガロースゲル上で電気泳動させ、UVイルミネーターによる可視化(30分間)によって行い、目的とするバンドをマーカーとの比較によって決定する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT