タンパク質の精製方法

開放特許情報番号
L2003002964
開放特許情報登録日
2003/3/28
最新更新日
2015/8/31

基本情報

出願番号 特願2001-028637
出願日 2001/2/5
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2002-233370
公開日 2002/8/20
登録番号 特許第3673852号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 タンパク質の精製方法
技術分野 食品・バイオ
機能 材料・素材の製造
適用製品 タンパク質、単離
目的 全く新規な付加タグを用いることによって、溶出剤として生理活性物質を用いることなく、目的とするタンパク質を迅速に精製することが可能なタンパク質の精製方法の提供。
効果 デキストラン結合ドメインを付加タグとしてを用いることによって、溶出剤として生理活性物質を用いることなく、目的とするタンパク質を迅速に精製することが可能なタンパク質の精製方法を提供できる。
技術概要
 
この技術では、タンパク質の精製方法は、精製対象のタンパク質分子と、配列番号1で表されるデキストラン結合ドメイン又は配列番号1における少なくとも1個のアミノ酸が欠失、置換若しくは付加されたアミノ酸配列を有しデキストラン結合活性を有するデキストラン結合ドメインとを融合させてなる融合タンパク質を含有する溶液中に、架橋性デキストランを含む吸着体を混合し、その後、溶液中から取り出した吸着体を、デキストランを含む溶液中に混合し、デキストランを含む溶液中に上記融合タンパク質を溶出させるものである。また、デキストランを含む溶液に、分子量5〜70〔kDa〕のデキストランを含むものであることが好ましい。さらに、デキストランを含む溶液中に、20mg/ml以上の濃度でデキストランを混合することが好ましい。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT