架橋複合生体材料

開放特許情報番号
L2003002876
開放特許情報登録日
2003/3/28
最新更新日
2015/8/31

基本情報

出願番号 特願2000-349084
出願日 2000/11/16
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2002-143290
公開日 2002/5/21
登録番号 特許第3521226号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 架橋複合生体材料
技術分野 化学・薬品
機能 材料・素材の製造
適用製品 生体吸収性を有する多孔質の架橋生体複合材料
目的 優れた生体吸収性・生体親和性を示し、細胞の播種性、臨床での取り扱い性に優れ、しかも十分な機械強度を有する、皮膚潰瘍や火傷などの皮膚創傷の被覆材、皮膚組織や靱帯やリガメントや気管や腸などの生体組織・臓器を再生・再構築するために有用な新規な架橋複合生体材料及び該架橋複合生体材料の有利な製造方法の提供。
効果 この架橋複合生体材料は、生体親和性と機械的強度に優れていることから、生体組織・臓器を再生・再構築するための基盤材料として極めて有用なものである。
技術概要
この技術においては、生体吸収性合成高分子メッシュ体と生体由来の天然高分子多孔質体を高分子多孔質体を特定な手段により架橋結合させた複合生体材料が課題に対して有効であること知見したことに基づく。すなわち、生体吸収性合成高分子メッシュ体と生体由来の天然高分子多孔質体とからなる架橋複合生体材料が提供される。この架橋複合生体材料は、生体吸収性合成高分子メッシュ体と生体由来の天然高分子多孔質体が賢固に架橋複合化された構造を有するものである。生体吸収性合成高分子メッシュ体は、メカニカル骨格として機能し、複合生体材料に対して、有利な形状制御性、優れた機械的強度及び取扱いの容易性を賦与し、生体由来の天然高分子多孔質体は、複合生体材料に細胞との特異的な相互作用及び高められた水濡れ性などの特性を与える。従って、本発明の架橋複合生体材料は、生体親和性と機械的強度に優れていることから、生体組織・臓器を再生・再構築するための基盤材料として極めて有用なものである。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT