調湿機能を有する透湿膜及びその製造法

開放特許情報番号
L2003002875
開放特許情報登録日
2003/3/28
最新更新日
2015/8/31

基本情報

出願番号 特願2000-343989
出願日 2000/11/10
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2002-143633
公開日 2002/5/21
登録番号 特許第3837465号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 調湿機能を有する透湿材及びその製造法
技術分野 化学・薬品
機能 材料・素材の製造
適用製品 調湿機能を有する透湿膜及びその製造法、室内を快適な湿度に保持する機能を有する無機系透湿膜及びその製造法
目的 調湿機能を有する透湿膜を提供すると共にゾノトライトを原料として、調湿機能を有する透湿膜を簡便なプロセスで製造する方法の提供。
効果 1)調湿機能を有する新しい透湿膜を提供することができる、2)二酸化炭素で硬化処理することにより透湿係数を低下させることができる、3)調湿機能を有する透湿膜をゾノトライトを原料として簡便なプロセスで作製することができる、4)室内を快適な湿度に保持する機能を有する無機系透湿膜を提供することができる、という格別の硬化が奏される。
技術概要
この技術における調湿機能を有する透湿膜は、ゾノトライト粒子(組成式:6CaO・6SiO↓2・H↓2O)と消石灰の混合比(重量比)が1:0.25〜1:1.5から成り、二酸化炭素で硬化された膜である。まず、原料のゾノトライトは、酸化カルシウムあるいは消石灰とシリカをゾノトライト組成に合わせて混合した後、水熱処理を施すことにより合成される。一次粒子の形状は針状又は板状、平均二次粒子径は5〜150ミクロンの範囲で、中空球、充質球の両方がある。耐熱性(1000℃)、断熱性に優れた無機素材であり、色は白色、比表面積は40〜100m↑2/g、見掛け密度が小さく(0.1g/cm↑3)、空間の占める体積が大きい。また、吸水能力(吸水量、吸水速度)に優れ、各種無機物の微粉粒子との複合化や表面処理等が可能であり、数十オングストローム以下の微細孔を多数有し、水蒸気の吸放出が可能である。また、ゾノトライトは硬化することにより炭酸カルシウムと多孔質シリカに化学変化する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT