新規ポリマーアロイ及びその製造方法

開放特許情報番号
L2003002791
開放特許情報登録日
2003/3/28
最新更新日
2015/8/28

基本情報

出願番号 特願2000-271918
出願日 2000/9/7
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2002-080634
公開日 2002/3/19
登録番号 特許第3479661号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 高結晶性セルロース−ポリエチレン複合体の製造方法
技術分野 化学・薬品、有機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 多糖類とポリオレフィンとを主体とした分散性の改善された実用的強度を有する新規なポリマーアロイ及びその製造方法
目的 多糖類と汎用プラスチックとの親和性を高めることによって、溶融状態のプラスチックマトリックス中における多糖類分子の分散性を向上させ、多糖類の含有率を高くしても、十分な熱可塑性を有し、しかも実用的強度をもつ成形体を与え得るポリマーアロイの提供。
効果 高い割合で多糖類を含み、実用的強度特性を有し、熱可塑性を示すので、再生資源である多糖類を効率的に利用した環境調和型材料の開発を可能にすることができる。
技術概要
 
この技術では、多糖類中に存在する水酸基に対し親和性を有するカルボキシル基をもつ単量体でグラフト化されたプラスチックを相容剤として含ませたプラスチックを用いる。すなわち、この技術は、多糖類と、少なくともその一部が不飽和カルボン酸又はその無水物でグラフト化されているポリオレフィンとの溶融複合物からなるポリマーアロイ、及び多糖類と、少なくともその一部が不飽和カルボン酸又はその無水物でグラフト化されているポリオレフィンとの混合物を150〜250℃に加熱して溶融させ、両者を複合化するポリマーアロイの製造方法を提供する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT