聴覚障害を考慮した音の測定方法およびシステム

開放特許情報番号
L2003002765
開放特許情報登録日
2003/3/28
最新更新日
2017/6/16

基本情報

出願番号 特願2000-258769
出願日 2000/8/29
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所、倉片 憲治
公開番号 特開2002-078096
公開日 2002/3/15
登録番号 特許第3448586号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 聴覚障害を考慮した音の測定方法およびシステム
技術分野 生活・文化
機能 検査・検出
適用製品 騒音計、騒音評価法
目的 年齢別、個人別の聴覚障害を考慮した音の測定方法及びシステムの提供。
効果 聴覚障害者による聞こえの有無の判定ができる。又、聴覚障害者を考慮した音の大きさの測定が可能になる。
技術概要
この技術では、加齢にともなう一般的な聴覚特性の変化に対応するために、A特性などの聴感補正に代わる音響測定部を組み込む。これによって、年令別の聴感補正を施した音のレベル表示を行う。ただし、若年健聴者の場合はA特性による聴感補正と一致する。年齢別聴覚特性データは、周波数と音圧レベルごとの重み付け係数(補正値)で、測定された音の補正値としてメモリに年齢別に記憶する。又、個人の聴覚特性に対応した測定値を求めるため、聴覚特性測定部によって対象とする個人の聴覚特性を測定する。そのデータを補正特性として利用することによって、個人の特性に合わせた音のレベル表示を行う。そして、目的に応じて年齢別聴覚特性データ及び個人別聴覚特性データを任意に選択できるようにする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT