ポリマーの表面処理方法

開放特許情報番号
L2003002625
開放特許情報登録日
2003/3/20
最新更新日
2015/8/27

基本情報

出願番号 特願2000-141864
出願日 2000/5/15
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2001-323091
公開日 2001/11/20
登録番号 特許第3463099号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 ポリマーの表面処理方法
技術分野 有機材料
機能 表面処理
適用製品 チューブ状物体の内表面処理、工業用フィルター、血液フィルター
目的 グロー放電プラズマ処理を用いたポリマーの表面処理方法に関し、とくに、フィルターとして用いることが出来るポリマー薄膜及びその製造法、さらにはポリマー表面の親水化処理方法の提供。
効果 ポリマーの表面に、大気圧近傍の圧力下での大気圧グロー放電プラズマ処理することにより、有用なポリマーを安価に提供できる、効率良く正電荷をもつ有機物を分解することが確認された。また、光触媒自身の効率は、長時間に亘って低下することがないことも確認された。
技術概要
 
この技術は、大気圧下で不活性ガスとモノマーガスをポリマーの表面に連続的に又は間欠的に導入しながら、高周波の電圧を印加し、グロープラズマを一定時間照射することにより、ポリマーの表面処理を行っている。即ち、ポリ四フッ化エチレン、ポリ塩化ビニル、ポリスチレンなどから選ばれる1種又は2種以上のポリマーの表面に、大気圧近傍の圧力下で、不活性ガスと、エチレンオキサイド、エチレンオキサイドオリゴマーなど選ばれる化合物の1種又は2種以上、及び/又はポリエチレングリコールなどの水溶性ポリマーのミストからなる反応ガスを導入しながら、ポリマーの表面を処理している空間に高周波の電圧を印加し、グロープラズマを一定時間照射してポリマーの表面処理行っている。これにより血液フィルターや他の医療用材料に実施した場合、フィルターの層表面だけでなく、フィルターの厚さ方向にも、親水性ポリマーであるポリエチレングリコール或いはエチレンオキサイドによる表面修飾をして安定な親水性膜、フィルターを得ている。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT