ラビリンチュラ属菌を用いた高度不飽和脂肪酸含有培養物および高度不飽和脂肪酸含有油脂の製造方法

開放特許情報番号
L2003002584
開放特許情報登録日
2003/3/20
最新更新日
2015/8/27

基本情報

出願番号 特願2000-094441
出願日 2000/3/30
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2001-275656
公開日 2001/10/9
登録番号 特許第3425622号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 ラビリンチュラ属菌を用いた高度不飽和脂肪酸含有培養物および高度不飽和脂肪酸含有油脂の製造方法
技術分野 化学・薬品
機能 材料・素材の製造
適用製品 長鎖高度不飽和脂肪酸生産能を有するラビリンチュラ(Labyrinthula)属に属する微生物
目的 LCPUFAを含まない植物油脂等をDHAなどのLCPUFAを含有した油脂に変換させる能力を持った微生物、その培養方法ならびにLCPUFAを含有した油脂を製造する方法の提供。
効果 植物油脂や脂肪酸等からドコサヘキサエン酸などの炭素数20以上で不飽和結合2つ以上有する長鎖高度不飽和脂肪酸を含んだ油脂含有物あるいは長鎖高度不飽和脂肪酸含有油脂を効率よく生産することができる。また、植物油脂等を付加価値の高い長鎖高度不飽和脂肪酸を含有した油脂へ変換する新規な油脂の改質方法として用いることができる。
技術概要
 
この技術は、油脂あるいは脂肪酸を炭素源として培養可能であり、かつ長鎖高度不飽和脂肪酸生産能を有するラビリンチュラ(Labyrinthula)属に属する微生物である。そして、その具体的微生物としては、ラビリンチュラ・エスピー S3−2(Labyrinthula sp S3−2)が挙げられる。さらに、この微生物を炭素源として油脂あるいは脂肪酸を含む培地中で培養することにより得られるラビリンチュラ属に属する微生物の培養物である。さらに、この微生物を炭素源として油脂あるいは脂肪酸を含む培地中で培養し、培養物から長鎖高度不飽和脂肪酸を採取することを特徴とする長鎖高度不飽和脂肪酸の製造方法である。さらに、油脂を炭素源としてラビリンチュラ属の微生物を培養することにより、油脂を長鎖高度不飽和脂肪酸に変換することを特徴とする油脂の改質方法である。長鎖高度不飽和脂肪酸としては、DHAなどの炭素数20以上で不飽和結合2つ以上持つものが挙げられる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT