ロタキサン球状集合体及びその製造方法、並びにロタキサン球状高分子重合体及びその製造方法

開放特許情報番号
L2003002515
開放特許情報登録日
2003/3/20
最新更新日
2015/8/26

基本情報

出願番号 特願2000-071252
出願日 2000/3/14
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2001-261699
公開日 2001/9/26
登録番号 特許第3438023号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 ロタキサン球状集合体及びその製造方法、並びにロタキサン球状高分子重合体及びその製造方法
技術分野 化学・薬品、有機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 ロタキサン化合物からなる球状集合体及びその製造方法並びにロタキサン化合物を構成要素とする球状高分子重合体及びその製造法
目的 ロタキサン化合物からなる球状集合体及びその製造方法、並びにロタキサン化合物を構成要素とする球状高分子重合体及びその製造方法の提供。
効果 ロタキサンを構成要素とする、水中で安定な、直径0.3〜3mmの新規な球状集合体及び新規球状高分子重合体を得ることが出来る。又これらの製造方法が得られる。
技術概要
この技術では、一般式(1)で表されるロタキサン化合物を製造し、特定の処理を施すことによりロタキサン化合物からなる直径0.3〜3μmの球状集合体、球状高分子重合体を得る。ロタキサン化合物の球状集合体を製造するための原料物質は、一般式(1)で表される。一般式(1)で表されるロータキサン構造を主鎖に含む化合物の製造方法は、一般式(2)で示されるダンベル型分子化合物を製造し、これに、一般式(3)のアリルアルキレンオキシハロゲン化芳香族ジカルボン酸と構造式(4)の芳香族ジアミン化合物を反応させることにより製造することができる。(各式中、Zはダンベル型化合物である。この両末端の基A,Bは芳香族炭化水素基を表す。この分子鎖に含まれるQおよびRは、水素原子、脂肪族炭化水素、芳香族炭化水素及び炭化水素スルフイドから選ばれる基を表し、Xは、O又はSから選ばれる原子、又はCH↓2、CO、COO、OCO、又はCONHから選ばれる基を表し、−(CH↓2)n−で示されるアルキレン基のnは、5〜18の範囲の数を表す。Yは、環状分子である。環状分子に含まれる−(CH↓2)m−で示されるアルキレン基のmは、1〜5の範囲の数を表す。)
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT