新規白血病細胞増殖阻害剤及びその製造方法

開放特許情報番号
L2003002457
開放特許情報登録日
2003/3/20
最新更新日
2015/8/26

基本情報

出願番号 特願2000-036143
出願日 2000/2/15
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2001-226282
公開日 2001/8/21
登録番号 特許第3458151号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 新規白血病細胞増殖阻害剤及びその製造方法
技術分野 食品・バイオ
機能 材料・素材の製造
適用製品 海洋に棲息する棘皮動物グミ
目的 正常細胞への悪影響なしに白血病の治療を効果的に行うことができる、新規な白血病細胞増殖阻害剤の提供。
効果 環境汚染の原因となっている棘皮動物グミを原料として有用な白血病細胞増殖阻害剤を製造することができる。
技術概要
この技術では、細胞増殖阻害活性;急性リンパ性白血病由来の株化細胞Jurkat[ジャーカット:RPMI−1640培地(10%牛胎仔血清、1%グルタミン及び抗生物質としてストレプトマイシン及びペニシリンを含む)で培養したもの]を用い、MTT法に従い、2.22×10↑5個/mlの濃度に調整した細胞懸濁液を96穴マイクロプレート上に90μlずつ分注し、5%CO↓2雰囲気下、37℃で24時間培養後、サンプル溶液を10μlずつ添加し、同条件下でさらに24時間培養する。また、PBS(−)(50mM Sodium phosphate buffer−0.2M NaCl)溶液を添加したものをコントロールとして用いる。培養液100μlについてセルタイターにより分析し、サンプル溶液の細胞に対する細胞増殖阻害活性をミトコンドリア脱水素酵素の活性を指標として調べ、分子量158,000ドルトンの高分子量から1350ドルトン以下の低分子量を示す画分に非常に強い細胞増殖阻害活性がみられる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT