蓄熱槽、蓄熱装置及び蓄熱及び熱回収方法

開放特許情報番号
L2003002428
開放特許情報登録日
2003/3/20
最新更新日
2015/8/26

基本情報

出願番号 特願平11-371270
出願日 1999/12/27
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2001-183083
公開日 2001/7/6
登録番号 特許第3472796号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 蓄熱槽、蓄熱装置及び蓄熱及び熱回収方法
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 自動車の室内暖房装置
目的 潜熱蓄熱材が発生する融解熱を回収利用する蓄熱装置の提供。
効果 潜熱蓄熱材の温度を結晶化の必要な温度まで低下させることなく結晶化のきっかけを得ることができるので、貯蔵した熱をより多く回収することができる。
技術概要
この技術では、潜熱蓄熱材が収容されている潜熱蓄熱体中に固体片を存在させておき、蓄熱槽に接して設けられている振動子の作用により、蓄熱槽に対して超音波振動を与えると、振動は熱媒体を経て潜熱蓄熱体及び潜熱蓄熱材へ順々に伝播し、固体片に達して固体片を振動させ、潜熱蓄熱体の壁と潜熱蓄熱材との間で摩擦が起き、過冷却の準安定状態が破れる。即ち、蓄熱槽に対して超音波振動を与えると、振動による圧力波により潜熱蓄熱体を振動させることができ、固体片と潜熱蓄熱材の温度を凝固開始温度まで低下させることなく凝固を開始させることができる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT