白血病治療用カラム及びそれに用いる医療材料

開放特許情報番号
L2003002259
開放特許情報登録日
2003/3/14
最新更新日
2015/8/25

基本情報

出願番号 特願平11-341164
出願日 1999/11/30
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2001-158744
公開日 2001/6/12
登録番号 特許第3527924号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 白血病細胞除去剤
技術分野 生活・文化
機能 材料・素材の製造
適用製品 白血病細胞凝集剤、レクチンタンパク質、多糖類系ゲル濾過剤粒状体
目的 血液を体外で環流することによって白血病細胞に直接白血病細胞凝集剤を接触させ、白血病患者の治療を迅速かつ効率よく行うための手段の提供。
効果 白血病治療用カラム及び医療材料を用いれば、白血病患者の血液中から白血病細胞のみを選択的に除去できるので、安全かつ確実に白血病患者の治療を行うことができる。
技術概要
この技術における白血病治療用カラムは、担体と白血病細胞凝集剤との結合体を不溶性材料で作られた筒状体に充填することにより構成される。すなわち、カラム本体は、ガラス製円筒体で構成され、頂部に細胞導入管、底部に細胞排出管が備えられている。この内部には、フィルター上に、白血病細胞凝集剤を担持した担体の充填部が形成されている。白血病患者の血管から抜き出された細胞は、細胞導入管よりカラム中の充填部に供給され、ここで白血病細胞凝集剤と接触し、白血病細胞のみが除去され、正常細胞を含んだ細胞懸濁液は細胞排出管から取り出され、患者の体内へ戻される。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT