セシウム分離・回収剤及びその製造方法

開放特許情報番号
L2003001801 この特許の事業構築のヒントや可能性をご覧頂けます
開放特許情報登録日
2003/3/14
最新更新日
2015/8/20

基本情報

出願番号 特願平10-274340
出願日 1998/9/9
出願人 工業技術院長
公開番号 特開2000-084418
公開日 2000/3/28
登録番号 特許第3020158号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 セシウム分離・回収剤及びその製造方法
技術分野 化学・薬品
機能 材料・素材の製造
適用製品 粒状のセシウム分離・回収剤とその製造方法
目的 各種溶液中からのセシウムの効率的な吸着分離プロセスに応用可能な新規の粒状無機イオン交換体からなるセシウム分離・回収剤の提供、及び、粒状セシウム分離・回収剤の簡便かつ再現性に優れた製造法の提供。
効果 ハンドリング性及び吸着性能ともに優れており、かつ製造法が極めて簡便で再現性が良く、被処理水中のセシウムの選択分離・回収が可能である。
技術概要
 
この技術では、セシウム分離・回収剤は、多孔性無機物担体の細孔内にりんモリブデン酸アンモニウムを担持、複合化してなる粒状の新規無機イオン交換体である。多孔性無機物担体としてはカラムに充填して使用可能な程度の物理的強度と化学的に各種溶媒に安定なものであれば天然物、合成物を問わず使用可能である。これらを、粉砕、分級し、適宜の粒径に整粒したのち、乾燥し、これにりんモリブデン酸水和物水溶液を添加し、減圧下に保持して溶液を担体の細孔内に含浸させた後、これを乾燥し、りんモリブデン酸水和物を晶出させて、りんモリブデン酸水和物を担持した複合体を作製する。次に、このりんモリブデン酸水和物担持複合体にアンモニウム塩溶液を添加し、減圧下に保持してアンモニウム塩溶液を含浸させ、りんモリブデン酸水和物中の水素イオンをアンモニウムイオンで置換してりんモリブデン酸アンモニウムに変換する。さらに、適宜、分級、乾燥して、セシウム選択性の極めて高い粒状無機イオン交換体からなる、セシウム分離・回収剤が作製される。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT