ゼオライト膜の製造方法

開放特許情報番号
L2003001746 この特許の事業構築のヒントや可能性をご覧頂けます
開放特許情報登録日
2003/3/7
最新更新日
2015/8/20

基本情報

出願番号 特願平10-199810
出願日 1998/6/29
出願人 工業技術院長
公開番号 特開2000-016809
公開日 2000/1/18
登録番号 特許第2981884号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 ゼオライト膜の製造方法
技術分野 機械・加工、化学・薬品、無機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 ゼオライト膜の製造方法、高選択性分離機能を有するゼオライト膜の製造方法
目的 高選択性分離機能を有するゼオライト膜を無欠陥に形成できる方法の提供。
効果 非常に小さい結晶を形成するだけでよく、欠陥の無い高性能のゼオライトを形成できる。しかも、細孔中のどこか一カ所にゼオライトが形成されていれば分離膜としての目的は達成されるので、透過速度を大きくすることも可能である。
技術概要
 
この技術では、ゼオライト膜の合成用原料を二液に分け、これを多孔質体の両側から細孔内に充填して、細孔内で二液の界面を形成し、その後水熱合成反応によって、ゼオライト膜を形成する方法によれば、細孔中にゼオライト結晶を析出させるので、非常に小さい結晶を形成するだけでよく、結晶粒界等に基づく欠陥等の無い高い選択性分離機能を有するゼオライト膜を簡単に形成できる。水熱合成反応によってゼオライトを製造する方法は、二液に分けたゼオライトの合成用原料を、多孔質体を介して多孔質体の両側に分離して位置させた後、多孔質体の両側から合成用原料を多孔質体の細孔内に充填し、細孔内の二液界面で水熱合成反応によってゼオライト膜を合成する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT