釣り用ウキ

開放特許情報番号
L2003001671
開放特許情報登録日
2003/3/7
最新更新日
2010/12/17

基本情報

出願番号 特願2001-120339
出願日 2001/4/18
出願人 縄田 百合夫
公開番号 特開2002-315484
公開日 2002/10/29
登録番号 特許第4629898号
特許権者 縄田 百合夫
発明の名称 仕掛け
技術分野 生活・文化、その他
機能 その他
適用製品 釣り用ウキ
目的 風、波浪、潮流などの多様な海象条件下で、比較的深い遊泳層の魚群を釣るのに好適な釣り用ウキを提供する。
効果 ウキ止めが道糸挿通孔内を通過できるので、竿の長さに比較して深い遊泳層で釣られた魚でも無理なく手もとに取り込むことができ操作性が優れている。
技術概要
図に示すように釣り用ウキ10は、全体がほぼ楕円体状に形成されたウキ本体11と、道糸20の所定位置に固定されるウキ止め21と、ウキ止め21より大きい孔径でウキ本体11に貫通して形成された孔径2〜5mmの道糸挿通孔12と、道糸挿通孔12の後端開口にウキ止め21より小さい溝幅で一方向に拡径して形成されたウキ止め掛止部13と、道糸挿通孔12の軸心に対してウキ止め掛止部13側のウキ本体11に設けられた環状掛止部14と、道糸挿通孔12の軸心に対してウキ止め掛止部13側と反対側のウキ本体11に設けられた環状掛止部15と、環状掛止部15に取り付けられ道糸が通される環状部を有したスイベル等のウキ止め規制部16等を有する。
実施実績 【有】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

導入メリット 【 】
改善効果1 ウキ止めが道糸挿通孔内を通過できるので、竿の長さに比較して深い遊泳層で釣られた魚でも無理なく手もとに取り込むことができ操作性が優れている。
改善効果2 釣り用ウキが道糸に固定されず、所定範囲内で移動できる遊動ウキとして機能させることができる。
改善効果3 釣り条件に応じて釣り用ウキを遊動ウキ又は固定ウキに切り換えて用いられ、上層から下層にわたる広範囲の遊魚層の魚を効率的に探ることができる。

登録者情報

登録者名称 縄田 百合夫

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT