開口部形成パネル部材

開放特許情報番号
L2003001590 この特許の事業構築のヒントや可能性をご覧頂けます
開放特許情報登録日
2003/3/7
最新更新日
2014/8/6

基本情報

出願番号 特願平09-254074
出願日 1997/9/4
出願人 工業技術院長
公開番号 特開平11-081697
公開日 1999/3/26
登録番号 特許第3066487号
特許権者 経済産業大臣
発明の名称 開口部形成パネル部材
技術分野 土木・建築
機能 材料・素材の製造
適用製品 戸建て、集合住宅、リフォーム工事
目的 開口部を含む部屋の壁面改修を伴うリフォーム工事において、壁パネル部材を組み立てて既存壁面の前面側に新たな壁面を形成することでリフォームでき、更に、開口部廻りについても同様に、一対の壁パネル部材と欄間パネル部材を組み立てて既存開口部廻りの壁面をリフォームできる開口部形成パネル部材の提供。
効果 リフォーム工事における開口部廻りの改修工事を簡便化し、既存構造体の解体等によって派生する開口部廻りの改修工事や、開口部廻りのリフォームに伴う既存構造体の解体等の道連れ工事を削減し、リフォーム工事自体の簡便化を図ることができる。
技術概要
この技術は、一般住宅の既設の壁、床、天井等の構造体によって形成される既設部屋内に、新たに形成される部屋空間側に面する片面が仕上げ処理された、壁パネル部材である平板壁パネル部材及びL字型のコーナ壁パネル部材と、天井パネル部材とを組み立てることで、構造体の一部がリフォームされ、新たな部屋空間を形成している。そして既設部屋の既存開口部の内のその一部または全部を新たな開口部として使用される既存開口部について、壁パネル部材で隠蔽されることなく、既存開口部の左右両側の既設壁面の前面側に一対の平板壁パネル部材を設け、その一対の平板壁パネル部材の間に、既存開口部の上方部を遮蔽する欄間パネル部材を一対の平板壁パネル部材に連結することで新開口部を形成しており、これら欄間パネル部材及び一対の平板壁パネル部材が開口部形成パネル部材を構成している。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 中小企業・ベンチャー企業の場合は、通常対価の半額で実施可能。 詳細は、経済産業省HP((http://www.meti.go.jp/policy/tech_promotion/index.html))の [国有特許]のページをご覧ください。

登録者情報

登録者名称 経済産業省

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT