高温雰囲気の温度及び温度分布の測定法

開放特許情報番号
L2003001539 この特許の事業構築のヒントや可能性をご覧頂けます
開放特許情報登録日
2003/3/7
最新更新日
2015/8/19

基本情報

出願番号 特願平09-062271
出願日 1997/2/28
出願人 工業技術院長
公開番号 特開平10-246678
公開日 1998/9/14
登録番号 特許第2934841号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 高温雰囲気の温度及び温度分布の測定法
技術分野 電気・電子
機能 検査・検出
適用製品 耐熱性細線、ボイラー、加熱炉
目的 高温雰囲気下の温度及び温度分布の新規、かつ正確で迅速に測定できる測定方法の提供。
効果 測定に際し耐熱性細線の径は極めて細いものであり、測定場所に乱れを発生させず、又熱損失も伴わない。そして、光発光強度を写真により記録測定するので、非接触的であり、輻射などの影響を受けないものである。
技術概要
この技術では、同一の基準発光体をステップ1と2の写真の隅に記録しておき、ステップ1と2の写真による光発光強度をコンピューターに入力するに先立って、基準発光体の光発光強度の記録状態が二つのデータの中で同じ値になるように、ステップ2で記録された写真のデータを補正し、補正された写真のデータを作成する。その写真による撮影像の補正後のデータについて、色階調性をコンピューターにより読取り、数値化処理し、その結果から、光発光強度を算出し、測定してある光発光強度と温度の関係を基に、光発光強度の値からそれに該当する温度を求める。すなわち、耐熱性物質からなる細線を測定対象の高温度の雰囲気下に設置し、耐熱性細線による赤、緑及び青の波長の光発光強度を測定し、それらの比を計算し、そのときの測定温度を基におき、耐熱性細線による赤、緑及び青の波長の光発光強度の比と温度の関係を定める。次に、測定しようとする高温雰囲気中に前記の耐熱性物質からなる細線を設置し、耐熱性細線による赤、緑及び青の波長の光発光強度の比と温度の関係の測定結果に対応させることにより、高温雰囲気の温度を定め、温度分布を測定することができる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT