貯蔵容器

開放特許情報番号
L2003000790
開放特許情報登録日
2003/2/21
最新更新日
2006/8/11

基本情報

出願番号 特願平09-291330
出願日 1997/10/23
出願人 三菱重工業株式会社
公開番号 特開平11-125697
公開日 1999/5/11
登録番号 特許第3643682号
特許権者 三菱重工業株式会社
発明の名称 貯蔵容器
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 貯蔵容器、放射性物質貯蔵容器
目的 溶接部の深い溶け込みを不用とし、材料コストを抑制した貯蔵容器を提供する。
効果 溶接作業を簡易化し、作業コストと材料コストが低減する。
技術概要
図に示すように、貯蔵容器10は放射性物質11を格納する円筒形の内箱12と、内箱12を外側から囲む外箱13からなる。内箱12は溶接部12aにより蓋体12bが取り付けられた内箱本体12aを備え、内箱本体12aの下面12dは閉じている。外箱13は、内箱12の上面に隣接する頂部に上部周方向強度部材13aと、内箱12の下面12dに隣接する底部に下部周方向強度部材13bとを有する。これら周方向強度部材13a、13b間に複数の軸方向強度部材13cを設ける。各軸方向強度部材13cの高さ方向に離間した複数の位置に、断面が長方形の切り欠き又は溝13dを形成し、溝13dに同様の溝を内周面に形成した補完的形状の側面周方向強度部材14を嵌合させる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

導入メリット 【 】
改善効果1 上方、下方、軸方向、周方向からの貯蔵容器への負荷を軽減できる。
改善効果2 溶接部の強度補償を軽減できる。
改善効果3 作業コストと材料コストを低減できる。

登録者情報

登録者名称 三菱重工業株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT