情報処理装置、そのソフトウェアコンポーネントにおける後天的集約関係の生成方法及び記憶媒体

開放特許情報番号
L2002011428 この特許の事業構築のヒントや可能性をご覧頂けます
開放特許情報登録日
2002/12/7
最新更新日
2003/9/12

基本情報

出願番号 特願平11-294744
出願日 1999/10/18
出願人 株式会社東芝
公開番号 特開2001-117762
公開日 2001/4/27
登録番号 特許第3151447号
特許権者 株式会社東芝
発明の名称 情報処理装置、そのソフトウェアコンポーネントにおける後天的集約関係の生成方法及び記憶媒体
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 情報処理装置、そのソフトウェアコンポーネントにおける後天的集約関係の生成方法及び記憶媒体
目的 柔軟かつ効率的にソフトウェアのアプリケーションを構築することを目的とする。
効果 オブジェクト指向プログラミング言語で記述されたソフトウェアによって各種の動作を制御する情報処理装置であって、機能毎に独立して設けられた複数のコンポーネント間をGUI操作により集約関係を持たせて処理単位を構築するための指示を入力する指示入力手段と、指示入力されたコンポーネントの間で、処理単位の母体となる親コンポーネントから、集約関係を結ぶ子コンポーネントのクラスオブジェクトの参照を設定する設定手段とを具備し、情報処理装置におけるソフトウェアのアプリケーションを柔軟、かつ、効率的に構築することができる。
技術概要
オブジェクト指向プログラミング言語で記述されたソフトウェアによって各種の動作制御する情報処理装置であって、機能毎に独立して設けられた複数のコンポーネントの間をGUI(graphicaluser interface )操作により集約関係を持たせて処理単位を構築するための指示を入力する指示入力手段と、指示入力されたコンポーネントの間で、処理単位の母体となる親コンポーネントから、集約関係を結ぶ子コンポーネントのクラスオブジェクトの参照を設定する設定手段とを具備した情報処理装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 株式会社東芝

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT