配管設置可能な壁パネル部材

開放特許情報番号
L2002010312
開放特許情報登録日
2002/11/9
最新更新日
2014/8/6

基本情報

出願番号 特願平10-020139
出願日 1998/1/19
出願人 工業技術院長
公開番号 特開平11-200533
公開日 1999/7/27
登録番号 特許第3044251号
特許権者 経済産業大臣
発明の名称 配管設置可能な壁パネル部材
技術分野 土木・建築
機能 材料・素材の製造
適用製品 戸建、集合住宅の既設部屋内に新たな部屋空間を形成する際、給排水管の敷設等が行える壁パネル部材。
目的 分解組み立てが自在で、給排水設備工事及び配管工事の容易化が図れる壁パネル部材を提供。
効果 リフォーム工事等において、給排水管等の配管の敷設又は撤去を簡便化し、既存の躯体の解体等の付帯工事を削減し、工事全体の簡素化が図れる。
技術概要
 
平面壁パネル部材3aとコーナー壁パネル部材3bとの組み立てによって既設部屋内に新たな部屋空間を形成可能で分解組み立て自在な壁パネル部材3である。その際、隣り合って連接する壁パネル部材3で連通し、且つ部屋空間側に向かって開口する配管を内装可能な溝部5を、壁パネル部材3の連接方向全幅にわたって少なくとも一本設けると共に、天井パネル部材4の周縁部下面側に設けた突起部4aを嵌め込み連結可能な連通溝32を、壁パネル部材3の上端面に、その全幅にわたって設けてある。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 中小企業・ベンチャー企業の場合は、通常対価の半額で実施可能。 詳細は、経済産業省HP((http://www.meti.go.jp/policy/tech_promotion/index.html))の [国有特許]のページをご覧ください。

登録者情報

登録者名称 経済産業省

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT