給湯器

開放特許情報番号
L2002010300
開放特許情報登録日
2002/11/9
最新更新日
2014/8/6

基本情報

出願番号 特願平10-300345
出願日 1998/10/8
出願人 工業技術院長
公開番号 特開2000-111170
公開日 2000/4/18
登録番号 特許第3041418号
特許権者 経済産業大臣
発明の名称 給湯器
技術分野 生活・文化
機能 食品・飲料の製造
適用製品 給湯器。
目的 特定構造の給湯器にすることにより、燃焼ガスの潜熱を利用して、熱効率の向上を図る。
効果 熱効率の向上のみならず、大掛かりな設備を必要とせず、燃焼装置単独で白煙の発生を防止できる。
技術概要
 
バーナ1に燃焼空気を供給するファン2の吐出部近傍で空気通路を分岐し、エアバイパスパイプ8を通じて排気口4の上流側近傍に設けた冷却パイプ3に空気を導いて排ガスを冷却し、結露させることにより排ガスの絶対湿度を低下させ、熱交換後の空気をエア戻りパイプ9を通じて、ファン2の吸入部まで導き、冷却パイプ9から排出された空気を燃焼空気として再利用する。その際、冷却パイプ表面で結露する水をドレンパイプ5を通じてドレン6に排出せしめる。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 中小企業・ベンチャー企業の場合は、通常対価の半額で実施可能。 詳細は、経済産業省HP((http://www.meti.go.jp/policy/tech_promotion/index.html))の [国有特許]のページをご覧ください。

登録者情報

登録者名称 経済産業省

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT