作物群落内の茎数を自動計測する赤外線遮光による茎数計測方法

開放特許情報番号
L2002010157 この特許の事業構築のヒントや可能性をご覧頂けます
開放特許情報登録日
2002/11/2
最新更新日
2015/7/29

基本情報

出願番号 特願2000-121165
出願日 2000/4/21
出願人 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
公開番号 特開2001-299091
公開日 2001/10/30
登録番号 特許第3323918号
特許権者 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
発明の名称 赤外線遮光による茎数計測方法
技術分野 機械・加工、食品・バイオ、生活・文化
機能 検査・検出、機械・部品の製造
適用製品 作物群落内茎数測定装置、作物群落生育測定装置、水稲分げつ測定装置、可搬式茎数測定装置
目的 水稲の散播(直播)圃場における作物群落内の茎数を赤外線を用いて自動的に計測する方法を提供する。
効果 本発明の赤外線遮光による茎数計測方法においては、散播(直播)圃場で生育している稲の、群落内の茎数を自動的に計測することが可能になる。このため、従来の計測手段による重労働から解放され、効率的な茎数計測が可能になる。また、茎数計測の効率化に伴い、従来の計測方法では考えられなかった、調査範囲、調査点数の増加を実現し、新しい研究手法、試験手法も見出すことができる。
技術概要
 
本発明の赤外線遮光による茎数計測は、投光器と受光器からなる一対の赤外線センサを複数組用い、投光器を水平方向直線上に配置し、受光器は投光器の対向面の直線上に配置すると共に、投光器と受光器との間を遮る作物(稲)の密度から測定対象とする範囲内の茎数を推定するが、投光器を正方形の枠の一辺に、受光器をその対向する辺に配した茎数計測装置により実施される。赤外線受光器に遮光板をとりつけ、センサの感度を調節することにより、赤外線センサ間の立毛作物に対する反応を変化させ、同じ作物群落に対する感度毎の立毛作物に対する反応の違いから作物の生育密度を推定する。赤外線の投光方向を変え、各方向毎の遮光情報を統合することにより作物茎数の推定精度を向上させ、また受光感度毎の立毛作物に対する反応の違いを作物茎数の推定精度向上に利用し、これら赤外線の投光方向、受光感度毎の遮光情報の統合アルゴリズムとすることを特徴としている。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
希望譲渡先(国内) 【否】 
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 平成10年6月29日付特総第1173号特許庁長官通達「特許権等契約ガイドライン」に基づき、案件ごとに協議のうえ決定。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT