耐撓性紙うちわ

開放特許情報番号
L2002009997
開放特許情報登録日
2002/10/19
最新更新日
2002/10/19

基本情報

出願番号 特願2000-227340
出願日 2000/7/27
出願人 株式会社ルイスコーポレーション、株式会社カンキ堂、水上 博康
公開番号 特開2002-034625
公開日 2002/2/5
発明の名称 耐撓性紙うちわ
技術分野 生活・文化
機能 環境・リサイクル対策
適用製品 送風体に型押罫線を設けることにより、また、把持部及び送風体下部中央指掛かり部の補強について、段ボール中芯段目の方向を考慮して、耐撓性を持たせた、リサイクル可能な紙うちわである。
目的 紙を素材として耐撓性が持続し、廃棄時に再生紙資源として回収可能な安全環境配慮型のうちわの提供。
効果 プラスチック等の骨部を不要とし、また、補強のためのフィルム等も貼ることなしに、使用の際に生じる撓みに耐える効果がある。
技術概要
 
送風体に型押罫線を設け。送風体に、送風体下部中央より放射状方向に型押罫線を設けた。また、送風体及び送風体と一体となす把持部が、型抜き加工と罫線型押し加工とを同時に行うことにより成形される。また、把持部及び送風体下部中央指掛かり部を、三層構造からなる両面段ボールが略茸状をなして挟持し、補強する構造において、一方の面と片方の面の段ボール中芯段目が、把持部に対し互いに異なる対象方向に角度を有してなる。また、前記両面段ボールは、段の高さが1.1〜1.6mmで、30cm当りの山数が93±5である両面段ボールである。また、前記送風体が、紙製液体飲料容器の再生紙からなる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
希望譲渡先(国外) 【可】 
特許権実施許諾 【可】
希望譲渡先(国外) 【可】 

登録者情報

登録者名称 内山国際特許事務所

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT