電子メール・サービス・システムの構築を支援するエージェント・システムおよびその方法

開放特許情報番号
L2002009283
開放特許情報登録日
2002/9/7
最新更新日
2010/6/18

基本情報

出願番号 特願2000-141588
出願日 2000/5/15
出願人 有限会社アトリ
公開番号 特開2001-325285
公開日 2001/11/22
登録番号 特許第3262325号
特許権者 有限会社アトリ
発明の名称 電子メール・サービス・システムの構築を支援するエージェント・システムおよびその方法
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 電子メールを用いてDBにアクセスし、データの検索/登録・更新・削除を行う電子メール・サービス・システム全般。
目的 電子メールを用いてDBアクセスを行う電子メール・サービス・システムを、既存の電子メール・システムおよびDB管理システムを利用して、簡単かつ柔軟に構築できるようにする
効果 電子メールを利用した各種DBアクセス・サービスを簡単かつ柔軟に構築でき、システムの開発効率と信頼性が飛躍的に向上する。
技術概要
 本発明は、以下3つのサブ・システムから構成される「電子メール・サービス・システムの構築支援システム」で、DBのデータ内容と提供する電子メール・サービスの内容の対応付けを変換ルール辞書に記述するだけで、電子メールによるDBアクセス・サービスが構築できます。 A.電子メールの処理記述内容とDBMSが管理するDBデータの内容を対応させる「電子メール変換ルール辞書(以下、変換ルール辞書)」と、変換ルール辞書の編集を行う「電子メール変換ルール辞書管理プログラム(以下、辞書管理プログラム)」 B.電子メールの処理要求内容を、変換ルール辞書を参照しDBアクセス言語に翻訳しDBに処理要求を行い、変換ルール辞書を参照してDB処理の結果を電子メール返信用に翻訳する処理を担当する「電子メール情報解析エージェント・プログラム(以下、情報解析エージェント)」 C.受信電子メールの内容を解析し、DBアクセス処理に必要な情報を情報解析エージェントに渡し、処理の実行結果を情報解析エージェントから受け取って、処理結果メールを生成する「電子メール情報提供エージェント・プログラム(以下、情報提供エージェント)」
イメージ図
実施実績 【試作】  本発明を適用した、簡単な試作システム有り
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 本発明は様々な電子メール・サービス上で利用されて意味を持つものであり、本発明の効果的な実施・活用を歓迎します
対価条件(一時金) 【要】 
対価条件(ランニング) 【要】 
希望譲渡先(国内) 【可】 
希望譲渡先(国外) 【可】 

アピール情報

導入メリット 【新規参入】
改善効果1 電子メールによるDBアクセス・サービス・システム構築のコストと労力を飛躍的に低減し、専門知識を持たない者もシステムの構築が可能になる。
改善効果2 分散データベース環境で利用することにより、言語やデータ形式の違いなどで統合が困難だったDBの利用が容易になる。

登録者情報

登録者名称 有限会社アトリ

技術供与

ノウハウ提供レベル
特殊仕様の提供 【可】
技術指導 【可】
技術指導料 【要】 
コンサルティング 【可】
コンサルティング料 【要】 

事業化情報

質的条件
事業化実績 【有】IT関連サービス・システムの構築実績
追加開発 【要】各サブ・プログラムは、実施システムに合わせて開発・改良する余地または必要あり。

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】  ヨーロッパ、アメリカ合衆国
試作品評価 【可】
Copyright © 2018 INPIT