永久磁石式リラクタンス型回転電機

開放特許情報番号
L2002008116 この特許の事業構築のヒントや可能性をご覧頂けます
開放特許情報登録日
2002/7/6
最新更新日
2003/9/26

基本情報

出願番号 特願平10-275922
出願日 1998/9/29
出願人 株式会社東芝
公開番号 特開2000-116084
公開日 2000/4/21
登録番号 特許第3172497号
特許権者 株式会社東芝
発明の名称 永久磁石式リラクタンス型回転電機
技術分野 電気・電子
機能 機械・部品の製造
適用製品 永久磁石式リラクタンス型回転電機
目的 高出力で広範囲の可変速運転が可能な永久磁石式リラクタンス型回転電機を提供することを目的とする。
効果 回転子の磁極間部となる外周面が磁極部となる外周面より凹んで形成されるため、回転子・固定子間の空隙長は変化し、回転子は磁気的に凹凸部を形成することになる。また永久磁石は、各磁極間部の回転子円周方向両端に設けられ磁極間部を通る電機子の磁束を打ち消すように磁化されているため、この方向では磁気抵抗が高くなり、空隙磁束密度に凹凸ができ、この磁気エネルギ変化によって大きなトルクを発生することができる。
技術概要
電機子コイルを有する固定子と、磁気的に凹凸部を形成する回転子鉄心からなる略円筒状の回転子と、回転子の各磁極軸に沿った方向に配置される永久磁石とを有する永久磁石式リラクタンス型回転電機であって、回転子の磁極間部外周面は、回転子の磁極部外周面より凹んで形成されると共に、永久磁石は、各磁極間部の回転子円周方向両端に設けられ、かつ磁極間部を通る電機子の磁束を打ち消すように磁化されている永久磁石式リラクタンス型回転電機。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 株式会社東芝

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT