非可逆回路素子

開放特許情報番号
L2002007987 この特許の事業構築のヒントや可能性をご覧頂けます
開放特許情報登録日
2002/7/6
最新更新日
2003/10/3

基本情報

出願番号 特願平10-102645
出願日 1998/4/14
出願人 株式会社東芝
公開番号 特開平11-298208
公開日 1999/10/29
登録番号 特許第3015774号
特許権者 株式会社東芝
発明の名称 非可逆回路素子
技術分野 電気・電子
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 非可逆回路素子
目的 小型で、低電力時および高電力時の挿入損失特性や相互混変調歪を改善した、パターン導体にスリットを有する非可逆回路素子を提供することを目的とする。
効果 小型で特性の優れた非可逆回路素子を提供することができる。
技術概要
フェライト基板と、フェライト基板の一方の面に形成された地導体と、フェライト基板の他方の面に形成され、かつ、周辺に複数の端子を有し、所定の端子間にほぼ中心方向に向かうスリットが設けられたパターン導体と、パターン導体部分に磁界を与える磁石とを具備したマイクロストリップ線路型の非可逆回路素子において、パターン導体の特定の端子間にはスリットのない非可逆回路素子。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 株式会社東芝

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT