雰囲気ガス濃度を制御した乾式研削・切削加工法およびその装置

開放特許情報番号
L2002006672 この特許が掲載されている活用例集をご覧頂けます
開放特許情報登録日
2002/6/1
最新更新日
2009/8/21

基本情報

出願番号 特願平10-020076
出願日 1998/1/30
出願人 山口県
公開番号 特開平11-216636
公開日 1999/8/10
登録番号 特許第2904205号
特許権者 地方独立行政法人山口県産業技術センター
発明の名称 雰囲気ガス濃度を制御した乾式研削・切削加工法及びその装置
技術分野 機械・加工、金属材料
機能 機械・部品の製造、環境・リサイクル対策
適用製品 酸化しやすい機械構造材料のドライ切削・研削加工
目的 環境および作業者の健康に影響のある油水系加工液の使用を必要としない加工法の開発
効果 発生した加工熱の除去に徹していた従来の手法から、加工熱の発生自体を抑制して熱除去を必要としない。
技術概要
 
システムは、加工時に冷却・潤滑用油水剤を用いないドライ加工である。雰囲気ガスに不活性気体(窒素、アルゴンなど)および空気の混合気体を用いる。この雰囲気ガスの酸素濃度を被加工物の酸化性状に応じて一定制御し、加工部に供給することで加工熱の発生量と酸化生成物の固体潤滑作用調和させ、総合的に発生加工熱の低減を図る。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT