食品用抗酸化剤として有用なトリカフェオイルアルダル酸の製造方法

開放特許情報番号
L2001013333 この特許の事業構築のヒントや可能性をご覧頂けます
開放特許情報登録日
2001/12/15
最新更新日
2015/7/29

基本情報

出願番号 特願平11-191823
出願日 1999/7/6
出願人 農林水産省食品総合研究所長、竹中 真紀子、小野 裕嗣
公開番号 特開2001-019664
公開日 2001/1/23
登録番号 特許第3039864号
特許権者 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
発明の名称 トリカフェオイルアルダル酸、その製造法及びその用途
技術分野 食品・バイオ、化学・薬品、有機材料
機能 材料・素材の製造、食品・飲料の製造
適用製品 食品用抗酸化剤、医薬品など高付加価値化学物質の合成原料
目的 食品用の抗酸化剤などとして有用な新規アルダル酸誘導体であるトリカフェオイルアルダル酸と、その製造法とその用途を提供する。
効果 本発明のトリカフェオイルアルダル酸は食用とされているヤーコンの塊根から得られるため、食品用の抗酸化剤として用いたときにも安全性の点で問題がない。従って、特に食品産業分野において有効に利用することができる。さらに、本発明のトリカフェオイルアルダル酸域いはこれを加水分解して得られるアルダル酸は、医薬品などの高付加価値化学物質の合成原料として供給されることが期待され、化学産業分野等においても有効に利用することが可能である。
技術概要
 
フラクトオリゴ糖などの特殊な糖を貯蔵するヤーコンの塊根のメタノール抽出物から強い抗酸化性を有する活性成分を単離した。その活性成分は、アルダル酸の一種であるアルトラル酸とカフェ酸とがエステル結合した新規物質であるトリカフェオイルアルダル酸であり、本発明により新規に提供される。また本発明は、トリカフェオイルアルダル酸からなる抗酸化剤を提供する。さらに、本発明は、ヤーコンから、水及び/又は親水性有機溶媒を用いて溶媒抽出することを特徴とするトリカフェオイルアルダル酸を製造する方法を提供する。さらに本発明は、ヤーコンから、水及び/又は親水性有機溶媒を用いて溶媒抽出した後、固相抽出することを特徴とするトリカフェオイルアルダル酸を製造する方法を提供する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
希望譲渡先(国内) 【否】 
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 平成10年6月29日付特総第1173号特許庁長官通達「特許権等契約ガイドライン」に基づき、案件ごとに協議のうえ決定。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT