キュウリモザイクウイルスの遺伝子型を識別し、2種類の系統群を容易に識別

開放特許情報番号
L2001011343 この特許の事業構築のヒントや可能性をご覧頂けます
開放特許情報登録日
2001/10/6
最新更新日
2015/7/29

基本情報

出願番号 特願平09-154946
出願日 1997/6/12
出願人 農林水産省北海道農業試験場長
公開番号 特開平11-000200
公開日 1999/1/6
登録番号 特許第3200624号
特許権者 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
発明の名称 ウイルスの遺伝子型の識別方法
技術分野 食品・バイオ、化学・薬品
機能 検査・検出、材料・素材の製造
適用製品 CMV抵抗性遺伝資源の評価、CMVの防除法、CMV抵抗性作物の開発
目的 CMVの効果的な防除及び抵抗性作物の効率的な開発をするために、CMV系統群の種類を簡単且つ適正に識別する方法を提供する。
効果 本発明によると、これまで識別が困難であった遺伝子型の異なる2種類のCMV系統群の識別が容易となり、抵抗性遺伝資源の的確な評価が実現し、CMVの効果的な防除技術及び抵抗性作物の効率的な開発が実現できるようになる。
技術概要
 
下記の配列群から選ばれる配列からなるオリゴヌクレオチトをプライマーとして用いて、キュウリモザイクウイルス(CMV)感染組織より抽出したRNAから、CMVRNAの塩基配列と相補な配列及び相同な配列の二本鎖DNAを合成し、そのDNAを電気泳動分析することによりCMVの種類を視覚検出することを特徴とするCMVの遺伝子型の識別方法。(1)5’−AGYCCTTCCGAAGAAAYCTAGGAGA−3’ (2)5'−CGAGTCATGGACAAATCTGAATCAA−3’ (3)5’−ACATCTATTACCCTGAAACCGCCTG−3’
リサーチツールの分類 微生物、生体関連物質、方法・プロセス
実施実績 【有】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
希望譲渡先(国内) 【否】 
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT