1,8−(ヒドロキシエチル)ナフタレン化合物及び1,8−(アシルオキシエチル)ナフタレン化合物並びにそれらの製造方法

開放特許情報番号
L2001008603 この特許の事業構築のヒントや可能性をご覧頂けます
開放特許情報登録日
2001/7/21
最新更新日
2015/8/14

基本情報

出願番号 特願平10-081007
出願日 1998/3/27
出願人 工業技術院長
公開番号 特開平11-279091
公開日 1999/10/12
登録番号 特許第2884084号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 1,8−(ヒドロキシエチル)ナフタレン化合物及び1,8−(アシルオキシエチル)ナフタレン化合物並びにそれらの製造方法
技術分野 化学・薬品、有機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 1,8−(ヒドロキシエチル)ナフタレン化合物、1,8−ビス(1−ヒドロキシエチル)ナフタレン、1−(1−ヒドロキシエチル),8−(2−ヒドロキシエチル)ナフタレン
目的 ペリ位架橋のポリエステルやポリエーテル用のモノマーやその原料、界面活性剤などとして有用な、新規な1,8−(ヒドロキシエチル)ナフタレン化合物及び1,8−(アシルオキシエチル)ナフタレン化合物の提供。
効果 新規な化合物である1,8−ビス(1−ヒドロキシエチル)ナフタレン、1−(1−ヒドロキシエチル),8−(2−ヒドロキシエチル)ナフタレン、及び1−(1−アシルオキシエチル),8−(2−アシルオキシエチル)ナフタレンを得ることができる。これらの化合物はポリエステルやポリエーテル用のモノマーやその原料、界面活性剤製造原料などとして有用であり、1,8−ジビニルナフタレンを出発物質として、簡便な工程で製造することができる。
技術概要
 
この技術では、1,8−ジビニルナフタレン0.456g、水素化ホウ素ナトリウム0.291gを含むテトラヒドロフラン溶液25mlに、氷水浴で冷却下、三フッ化ホウ素エーテル錯体1.3mlを添加する。室温で1.5時間反応させた後、アルカリ水溶液を添加し、次いで過酸化水素水を添加して、白濁した溶液をジクロロメタンで抽出処理する。得られた粗生成物をベンゼン−ペンタン系の混合溶媒から再結晶して精製し、0.055g(収率11%)の1,8−ビス(1−ヒドロキシエチル)ナフタレン(無色結晶)と、0.299g(収率56%)の1−(1−ヒドロキシエチル),8−(2−ヒドロキシエチル)ナフタレン(無色結晶)を得る。なお、得られた1,8−ビス(1−ヒドロキシエチル)ナフタレンには、ラセミ体とメソ体の2個のジアステレオマーが含まれる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT