フリーストール牛舎で通路に寝そべるウシを、ストールで横臥するように矯正馴致する矯正枠

開放特許情報番号
L2001008540 この特許の事業構築のヒントや可能性をご覧頂けます
開放特許情報登録日
2001/7/14
最新更新日
2014/5/5

基本情報

出願番号 特願平11-035359
出願日 1999/2/15
出願人 農林水産省草地試験場長
公開番号 特開2000-232831
公開日 2000/8/29
登録番号 特許第3023785号
特許権者 農林水産省草地試験場長
発明の名称 フリ―スト―ル飼養牛の通路横臥矯正枠
技術分野 機械・加工、その他
機能 機械・部品の製造、その他
適用製品 フリーストール牛舎
目的 フリーストール牛舎で通路に横臥するウシをストールに横臥するように矯正馴致し、常時ストールで横臥させるように矯正するための枠体を提供する。
効果 本発明の矯正枠で矯正を受けたウシは、他のウシの妨害を受けずに、ストレスや乳生産性の低下を最小限に抑えながら、ストールに横臥することを学習できる。本発明の矯正枠はウシの治療や種付けなどの保定枠としての使用も可能である。
技術概要
 
本発明は、ウシの横臥休息欲求を高めるために、一定時間ウシを給飼場で強制的に佇立させ(強制佇立期)、その後、一定時間、閉じこめられたストール内で横臥させること(ストール横臥期)により、ストールの快適性を学習させ、常時ストールで横臥させるように矯正するための枠体に関するものである。四方に備える千本の支柱間に前枠、後枠、左右の側枠を形成し、前枠はウシが飼料を採食したり、矯正枠をストールにはめ込んで設置できるように解放され、後枠はウシを出し入れするために、中段に設けられた複数の着脱柵と、下段に設けられた跳ね上げ柵とを有し、左右の側枠間に、牛体の腹部下側に掛渡す脱着式の横臥防止ベルトを設けると共に、一方の側枠の下方に着脱式の飲水器を設け、各支柱の下端部にはキャスターを設け、フリーストール牛舎で通路に横臥するウシをストールに横臥するよう矯正馴致することを特徴としている。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
希望譲渡先(国内) 【否】 
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 平成10年6月29日付特総第1173号特許庁長官通達「特許権等契約ガイドライン」に基づき、案件ごとに協議のうえ決定。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT