金属イオンを溶出しない安定した、しかも抗菌スペクトルの広い抗菌剤

開放特許情報番号
L2001007344 この特許の事業構築のヒントや可能性をご覧頂けます
開放特許情報登録日
2001/6/2
最新更新日
2016/7/6

基本情報

出願番号 特願平10-260267
出願日 1998/9/14
出願人 農林水産省蚕糸・昆虫農業技術研究所長
公開番号 特開2000-086668
公開日 2000/3/28
登録番号 特許第3015879号
特許権者 農林水産省蚕糸・昆虫農業技術研究所長
発明の名称 金属錯体、抗菌材、抗菌性物品、及び該物品の製造方法
技術分野 化学・薬品
機能 材料・素材の製造、洗浄・除去、環境・リサイクル対策
適用製品 抗菌材、抗菌性繊維、抗菌性プラスチック、抗菌性木材、抗菌性紙、抗菌性金属、抗菌性ガラス、抗菌性セラミック
目的 抗菌性金属の含有量が少量であっても優れた抗菌性を有する抗菌材、耐久性に優れた、抗菌性の付与された物品、及び抗菌性物品の製造方法を提供する。
効果 本発明では、抗菌性金属イオンが配位基を有する配位化合物と化学的に配位するので、従来の抗菌物質で問題となった金属イオンの溶出がなく、また金属イオンの除放速度の制御が可能となり、生体系や環境系を汚染する危険性がない。また、ある金属を配位した有機金属錯体を複数用いることで、各種の金属イオンを同一材料表面に固定化して同時に担持できるので、抗菌性が安定しており、抗菌スペクトルを一層制御、拡大することが可能である。
技術概要
 
鉄、銅、コバルト、亜鉛、錫、クロム、マンガン、ニッケルあるいはルテニウムイオンが配位基に配位してできるブレオマイシンモデル化合物の金属錯体と、その金属錯体からなり、多様な病原細菌に対して広い抗菌スペクトルを示す抗菌材が提供される。さらにこの抗菌材を用いて処理された抗菌性の付与された物品とその製造法に関するものである。上記金属錯体を絹織物等の物品の表面に極薄く被覆するには、金属錯体の水溶液にこの物品を浸漬してもよいし、また第一ステップとして金属錯体における配位子を物品表面に被覆させておいてから、この物品を金属水溶液に浸漬してもよく、その被覆方法には制限はない。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
希望譲渡先(国内) 【否】 
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 平成10年6月29日付特総第1173号特許庁長官通達「特許権等契約ガイドライン」に基づき、案件ごとに協議のうえ決定。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT