電気粘性流体を使用した潤滑特性制御装置及び制御方法。

開放特許情報番号
L2001004045 この特許が掲載されている活用例集をご覧頂けますこの特許の事業構築のヒントや可能性をご覧頂けます
開放特許情報登録日
2001/3/17
最新更新日
2015/8/13

基本情報

出願番号 特願平10-304969
出願日 1998/10/27
出願人 工業技術院長
公開番号 特開2000-130687
公開日 2000/5/12
登録番号 特許第3020160号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 電気粘性流体を使用した潤滑特性制御装置及び制御方法
技術分野 機械・加工、電気・電子
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 本発明は、潤滑油の潤滑特性を制御する技術に関するもので、この技術は一般産業用機械などに適用することができる。
目的 本発明は、電気粘性流体を使用した潤滑油の潤滑特性を良好に制御することができ、かつ電極を離して配置することによって、高速運動する物体や微小物体など直接通電できないものの潤滑特性を変化させることができ、また、近年機械材料として使用されているセラミックや複合材などの非導電体の潤滑にも適用することができる潤滑特性制御装置及び制御方法を提供する。
効果 本発明によれば、電気粘性流体を使用した潤滑油の潤滑特性を良好に制御することができ、かつ電極を離して配置することによって、高速運動する物体や微小物体など直接通電できないものの潤滑特性を変化させることができる。また、近年機械材料として使用されているセラミックや複合材などの非導電体の潤滑にも適用することができる。
技術概要
本発明の電気粘性流体を使用した潤滑特性制御装置は、2つの被潤滑材間の接触領域の潤滑特性を制御する制御装置であって、接触領域の潤滑油を電気粘性流体を含有する潤滑油で構成し、接触領域の潤滑油に電場を印加するための一対の電極を接触領域を挟んで2つの被潤滑材に非接触に備えることを特徴とする。また、本発明の電気粘性流体を使用した潤滑特性制御方法は、2つの被潤滑材間の接触領域の潤滑特性を制御する制御装置であって、接触領域の潤滑油を電気粘性流体を含有する潤滑油で構成し、接触領域の潤滑油に電場を印加するための一対の電極を接触領域を挟んで2つの被潤滑材に非接触に備えることとし、電場が一対の電極のうちの一方の電極から接触領域を通って他方の電極に達する電界の経路パターンを含むようにしたことを特徴とする。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT