ハーフサイズの角形ベールを拾い上げ2段積みして密封被覆する装置

開放特許情報番号
L2001003674 この特許の事業構築のヒントや可能性をご覧頂けます
開放特許情報登録日
2001/2/24
最新更新日
2014/5/2

基本情報

出願番号 特願平10-072887
出願日 1998/3/20
出願人 農林水産省草地試験場長
公開番号 特開平11-266692
公開日 1999/10/5
登録番号 特許第2873958号
特許権者 農林水産省草地試験場長
発明の名称 ベールラッパ用角形ベール二段積み装置
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 ロールベーラ用ハンドリング装置
目的 ロールベーラ用リフトアーム式ベールラッパのリフトアームに、リフトアームをほぼ垂直状態に起立させたとき作動するプッシュアームを取りつけるだけで、ターンテーブル上の駆動ローラにハーフサイズの角形ベールを上下2段積みし、ストレッチフィルムにより密封被覆するベールラッパ用角形2段積み装置を提供する。
効果 本来の梱包積み込み・密封に加えて2段積み・密封が可能になったことで、積み込み用のローダが不要となり、圃場での作業能率の向上、省人化が図られる。なお、トラクタ装着のフロントローダが不要になったことで、大型機械の圃場走行に起因する牧草の再生不良の軽減とともに、2梱包重ねることでベール断面が正方形に近くなるため、フィルム資材費の低減およびフィルムの重複率が一定となり、気密性が高まるのでラップサイレージの品質を向上する。
技術概要
 
ベールラッパ用角形ベール2段積み装置は、圃場に放出してあるハーフサイズの角形ベールをプッシュアームを取り付けたリフトアームにより拾い上げ、リフトアームにより角形ベールを上昇させてほぼ垂直縦位置になったとき、プッシュアームのローラ接触部がターンテーブルのローラ付固定支点のローラと接してプッシュアームが回動し、角形ベールをターンテーブル上の駆動ローラに水平に近い状態に放出する。この動作を2度繰り返して角形ベールを上下2段積みして後、ターンテーブル及び駆動ローラを回転駆動して2段積みした角形ベールにストレッチフィルムを巻きつけて密封被覆する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
希望譲渡先(国内) 【否】 
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 平成10年6月29日付特総第1173号特許庁長官通達「特許権等契約ガイドライン」に基づき、案件ごとに協議のうえ決定。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT