サイレージ添加用乳酸桿菌属細菌のプロトプラスト再生に有効な再生法及び培地

開放特許情報番号
L2001003671 この特許の事業構築のヒントや可能性をご覧頂けます
開放特許情報登録日
2001/2/24
最新更新日
2014/5/2

基本情報

出願番号 特願平10-084145
出願日 1998/3/30
出願人 農林水産省草地試験場長
公開番号 特開平11-276159
公開日 1999/10/12
登録番号 特許第3023775号
特許権者 農林水産省草地試験場長
発明の名称 乳酸桿菌属細菌プロトプラスト再生法及び培地
技術分野 食品・バイオ、化学・薬品
機能 材料・素材の製造、その他
適用製品 細菌プロトプラスト再生培地
目的 従来の方法では不可能であった乳酸桿菌属細菌株のプロトプラストの再生を可能とさせる培地および方法を提供する。
効果 サイレージ添加用乳酸桿菌属細菌として主要な菌種であるLactobacillus plantarum,L.pentosus及びL.rhamnosusのプロトプラスト再生に有効であり、形質転換法や細胞融合法等これらの菌のプロトプラスト化を利用した遺伝学的改良を行い得る。
技術概要
 
乳酸桿菌属細菌の遺伝学的な改良を目的として、高濃度のゼラチン及びポリビニルピロリドン(PVP)を主成分とした培地(ゼラチン培地)を用いた乳酸桿菌属細菌プロトプラストの再生方法を開発した。高濃度のゼラチンとポリビニルピロリドン(PVP)を成分として用い(水1g当たりそれぞれ300g及び100g)、また、塩化マグネシウム含量を0.1Mまで増加せさた培地を用いて乳酸桿菌属細菌菌株のプロトプラストの培養を行うことによりその再生を可能にする。これにより、乳酸桿菌属細菌の主要菌種のプロトプラストの再生が可能になった。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
希望譲渡先(国内) 【否】 
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 平成10年6月29日付特総第1173号特許庁長官通達「特許権等契約ガイドライン」に基づき、案件ごとに協議のうえ決定。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT