金型、切削工具もしくは摺動部品等に好適で、無潤滑でも低摩擦係数でかつ耐摩耗性及び耐食性に優れた硬質材料及びその製造方法。

開放特許情報番号
L2001003500
開放特許情報登録日
2001/2/24
最新更新日
2008/10/31

基本情報

出願番号 特願平10-131320
出願日 1998/4/24
出願人 東京都
公開番号 特開平11-302830
公開日 1999/11/2
登録番号 特許第3719847号
特許権者 地方独立行政法人東京都立産業技術研究センター
発明の名称 摺動性材料及びその製造方法
技術分野 金属材料、無機材料
機能 材料・素材の製造、表面処理
適用製品 金型、工具、自動車部品
目的 本発明は無潤滑でも低摩擦係数でかつ耐摩耗性及び耐食性に優れた硬質材料及びその製造方法を提供することを目的とする。
効果 本発明は、金型や切削工具、特に従来適用が困難であった軟質金属材料の加工に、耐摩耗性を維持したまま潤滑剤を不要にできる。また摺動部品においても潤滑剤を不要にし、さらに摩擦係数の低減によりエネルギーロスを減少できる。このため、本発明硬質材料を適用することにより、省資源、廃棄物低減が可能となる。その適用範囲には以下のものがある。 1.曲げ、絞り加工:金型の寿命改善、材料の付着防止 2.切削:工具寿命の改善、材料の付着防止、加工精度向上 3.自動車部品:エネルギー効率向上、排気ガス低減
技術概要
本発明は金型、切削工具もしくは摺動部品等の硬質金属材料において、母材の表面にTiN被覆層を、その接触面もしくは接触部の材料部位の全てが物理的蒸着法もしくは粉末冶金法で形成され、このTiN被覆層の表面には塩素がイオン注入され、かつ該TiN被覆層の母材との界面近傍には塩素イオンが存在しない硬質材料である。母材表面に物理的蒸着法もしくは粉末冶金法で形成されたTiN被覆層の表面にイオン注入することにより、この塩素注入層が自己潤滑性を有し、母材が軟質の金属材料であっても低摩擦係数であるために相手材の付着を防止でき、また硬質であるTiN層の特徴を維持して摩耗し難い。また低摩擦係数でかつ耐摩耗性に優れるのみならず、TiN層が形成された金属素材層近傍のTiN層部分には塩素が含有されていないので、素材の腐食の問題も解消される。 母材1としては、通常の高速度工具鋼等の鋼、アルミ及びその合金、チタン及びその合金、各種セラミックス等が使用でき、TiN層の成膜に先だってその成膜される表面を研磨加工により鏡面仕上げしておく。TiN層の成膜はイオンプレーティング法、真空蒸着法等の蒸着法、もしくは粉末冶金法により形成する。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT