メタノールの酸化的水蒸気改質反応による水素ガス製造触媒及びその製造法

開放特許情報番号
L2001000362
開放特許情報登録日
2001/1/13
最新更新日
2015/7/28

基本情報

出願番号 特願2000-170594
出願日 2000/6/7
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2001-347169
公開日 2001/12/18
登録番号 特許第3496051号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 メタノールの酸化的水蒸気改質反応による水素ガス製造触媒及びその製造法
技術分野 化学・薬品、無機材料
機能 材料・素材の製造、環境・リサイクル対策
適用製品 燃料電池、触媒
目的 メタノールの酸化的水蒸気改質反応による水素製造触媒、その製造方法、及び核触媒を用いて水素ガスを製造する方法を提供する。
効果 一酸化炭素をわずかにしか含まない水素ガスの生成が可能となる。そのため、燃料電池の白金電極へのダメージが軽減できる。
技術概要
 
Cu、Zn、Al、Zrの各硝酸塩水溶液の混合物とNaOH水溶液及びNaCO3水溶液を反応させ、共沈法により沈殿物を生成させ、これをエージング、ろ過、洗浄、乾燥してCuZnAlZr層状覆水酸化物からなる触媒前駆体を調製し、次いでこれを空気雰囲気で熱分解してCuZnAlZr酸化物を得ることからなるCuZnAlZr酸化物触媒の製造方法、前記の方法で製造したメタノールの酸化的水蒸気改質反応による水素製造用CuZnAlZr酸化物触媒、及びこのCuZnAlZr酸化物触媒を用いて、メタノールを空気及び水蒸気共存下での酸化的水蒸気改質反応により水素ガスに変換することからなる水素ガスの製造方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT