活性酸素の電気化学的生成とそれによるNOx選択還元反応の促進方法

開放特許情報番号
L2001000352
開放特許情報登録日
2001/1/13
最新更新日
2015/7/28

基本情報

出願番号 特願平11-273543
出願日 1999/9/28
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2001-096138
公開日 2001/4/10
登録番号 特許第3243502号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 活性酸素の電気化学的生成とそれによるNOx選択還元反応の促進方法
技術分野 機械・加工、無機材料
機能 洗浄・除去、環境・リサイクル対策
適用製品 自動車触媒
目的 本発明は、リーン燃焼排ガス中のNOxを除去する方法を提供することを目的とする。
効果 本発明は、活性酸素を電気化学的に生成させ、それによりNOx選択還元反応を促進させてNOxを窒素へ還元する方法に係るものであり、この方法により、1)NOx直接分解の電気化学的促進方法とは対照的に気相酸素の有無に関係なく活性酸素が通電により生成するため、酸素大過剰下でもNOxを効果的に還元することができる、2)さらに、正極室と負極室を分けることなく両者を同じガス室に置くことによって、これらの表面上でNOxの選択還元を同時に促進することも可能となる、等の格別の効果が奏される。
技術概要
 
イットリア安定化ジルコニア(YSZ)を固体電解質、炭化水素によるNOx選択還元触媒を正又は負作動極とするガス室にNOx、炭化水素、酸素を含むリーン燃焼排ガスを導入し、上記作動極と上記固体電解質に取り付けた対極間に電圧を供給することにより上記作動極表面上に生成した活性酸素が上記ガス中の炭化水素を部分酸化するとともにNOをNO2 に酸化しそれぞれの中間体を生成させ、これらが反応することによりNOx選択還元反応を促進させることを特徴とするNOxを窒素へ還元する方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT