体液中のクロモグラニン濃度による生理状態の評価方法および簡易生理状態評価キット

開放特許情報番号
L2000007389
開放特許情報登録日
2000/12/9
最新更新日
2006/8/18

基本情報

出願番号 特願平09-180204
出願日 1997/7/7
出願人 株式会社豊田中央研究所、株式会社 矢内原研究所
公開番号 特開平11-023572
公開日 1999/1/29
登録番号 特許第3420027号
特許権者 株式会社豊田中央研究所、株式会社 矢内原研究所
発明の名称 生理状態の評価方法および簡易生理状態評価キット
技術分野 化学・薬品
機能 検査・検出
適用製品 唾液、血液、尿、髄液、リンパ液等の体液中に分泌され、精神的または肉体的ストレスあるいは負荷状態や特定の医療上の疾患等に代表される各種の生理状態を定量的に評価するための方法および装置または器具
目的 広範囲の種類にわたる生理状態を正確に評価できる方法と、その方法を用いた簡易評価キットを提供する。
効果 @精神的肉体的ストレス、負荷状態及び各種疾患等、広範囲な種類の生理状態を評価でき信頼性の高い評価結果が得られる。A唾液、血液、尿、髄液、リンパ液等の体液を任意に選択して検体とすることができるので必要に応じて非浸襲性測定も可能である。B本発明のキットを用いることにより前記生理状態の評価を簡便、迅速に行うことができる。
技術概要
生理状態評価のための生化学的測定対象物質としてカテコールアミンやコルチゾールが公知である。しかしこれらは主としてストレスの評価に限定され、より広範囲な疾患等の生理状態の評価に利用できるかは疑問があり、また前者は血液採取が必要で浸襲性が高く後者は応答性に問題がある。 この発明者は、人が精神的または肉体的なストレスあるいは負荷を受けたとき、あるいは各種疾患状態に陥ったとき等の広範囲の生理状態において、これに対応して唾液、血液、尿、髄液、リンパ液等の体液中のクロモグラニンの濃度が鋭敏に上昇することを見いだし、下記の発明を行った。 【図2】研究発表時の唾液中のクロモグラニン濃度の変化を心理評価のスコアとともに示す。【図4】本発明の簡易生理状態評価キット。 @被験者から体液を採取し、体液中のクロモグラニンの濃度から、クロモグラニンの分泌量と相関関係のある生理状態を評価することを特徴とする生理状態の評価方法。 A支持体12上に液体貯留構造を伴う抗体固定部14を設けると共にこの抗体固定部に抗クロモグラニン抗体を固定した計測片11と、標識発現用の物質(図示なし)と、から構成された簡易生理状態評価キット。
実施実績 【有】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 株式会社豊田中央研究所

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT