アコースティック・エミッション(Acoustic Emission、「AE」)を利用して、岩盤の損傷度を診断する岩盤の損傷度診断方法。

開放特許情報番号
L2000005204 この特許の事業構築のヒントや可能性をご覧頂けます
開放特許情報登録日
2000/8/12
最新更新日
2015/8/11

基本情報

出願番号 特願平10-163256
出願日 1998/6/11
出願人 工業技術院長
公開番号 特開平11-352042
公開日 1999/12/24
登録番号 特許第2899699号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 岩盤の損傷度診断方法
技術分野 土木・建築
機能 検査・検出
適用製品 岩盤の亀裂等が発生する際にそれまで蓄えられていた歪みエネルギーが開放されて音(弾性波)として伝播していく現象(すなわちアコースティック・エミッション)の計測・解析装置、及び弾性波探査装置。
目的 岩盤を機械掘削したり発破で破壊すると、周囲も損傷を受けるので、AEセンサを利用して地山の崩壊を予知したり、崩壊位置を標定することが行われている。しかし、従来の方法は,崩壊が予想される岩盤やその周囲に多数のAEセンサを配置し、それらによって得られる情報を解析して、損傷度の測定や崩壊位置の検知を行うので、多数の装置や複雑な設備、それらを設置するための多大の労力や経費を必要とする上に、解析に長時間を要し、時々刻々変化する岩盤の損傷度を追跡することが困難であった。本発明は、これらの課題を解決することを目的とする。
効果 多数の装置や複雑な設備、それらを設置するための多大の労力や経費を必要とせず、簡単な装置及び操作で、しかも迅速に岩盤損傷度を測定することができ、連続的な損傷度の監視を行なうことができる。従って、低コストで高精度なトンネル、地下空洞建設等の岩盤掘削時の情報施行技術、または岩盤斜面監視技術として有力な技術となる。
技術概要
2個のAEセンサ1,1で検出されたAE信号は、プリアンプ2,2で増幅される。増幅されたAE信号は、低周波域フィルタ3及び高周波域フィルタ3を通して信号解析装置4で増幅され、カウンタ5でリングダウンカウントされて増幅分布が求められ、コンピュータ8で処理される。本発明では、低周波域フィルタ3を通過したリングダウンカウントレートAE(L)と高周波域フィルタ3を通過したリングダウンカウントレートAE(H)を計測し、式F=AE(L)/(AE(L)+AE(H))により、AE特性パラメータFを算出し、このFの変化を連続的に追跡することにより、岩盤の損傷度を診断する。岩盤の破壊過程でのAE発生率(リングダウンカウントレート)の変化パターンは、数種あるが、いずれの破壊過程のパターンにも有効に利用できる。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

技術供与

掲載された学会誌 【有】
掲載学会誌名1 Mining Engineer,SME,1999

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT