大型表示装置の効果的な設置方法や運用費用を低減する方法。

技術の内容 ・大型表示装置を至近距離からでも視認しやすくするため、LED素子の光軸を下方に向けるための前面カバーを取り付け、装置を見上げても見えやすい画像表示を可能とする。(L2019000560)
・大型表示盤の空冷機構について、フィルタを通過する前に大気中の鉄粉を除去し、フィルタの耐久性を向上することができる。(L2020000033)
・大型表示装置において、表示パネルと本体を接続する際、ネジを用いないで接続することを特徴とし、組み立てコストの低減を実現した装置。(L2020000034)
製品イメージ 大型表示装置における視認性の向上および取付コストの低減、空冷機構への工夫などにより、効果的な施設運用を実現できる。
製品のお客様イメージ 以下の企業
・スポーツの競技場
・公営競技場
・医療機関
・空港
実施許諾対象企業イメージ 野球場のスコアボードやサッカースタジアムの大型スクリーンをはじめ、公営競技場の大型映像装置、医療機関の外来案内表示システム、空港のフライト情報案内表示システムなどを取り扱う事業者。

各技術の詳細

出願番号
特願2011-213092
公開番号
特開2013-074186
登録番号
第5584668号
出願番号
特願2012-223653
公開番号
特開2014-075559
登録番号
第5844708号
出願番号
特願2014-193550
公開番号
特開2016-065922
登録番号
第6231963号
Page Top
L31