液晶表示ユニットの構造に関する発明

技術の内容 ・液晶表示ユニットを固定する部材について、従来の上下左右の4方向から固定する形状に対し、本発明では上下あるいは左右の2方向のみで固定する形状であることを特徴とする。具体的には、液晶表示ユニットの背面から上下あるいは左右のどちらかから挟み込み、固定することのできるコの字型の形状であり、目地の部分を削減し視覚的な違和感を減少させることを可能とする。(L2017000789)
・バックライトユニットを反射ケースから容易に取り外せる構造としたことを特徴とする。具体的には、反射ケースにバックライト光源を内部に通過させるためのスリット状の開口部を設けることで、バックライト光源を容易に着脱自在とし、かつ異なる種類の光源を選択することもできる。さらに、スリット状の穴に、光を通過させることができるような光源が配置されることで、塵埃が侵入するのを防止することもできる。(L2014002327)
製品イメージ 野球場、サッカースタジアム、および公営競技場の大型映像装置、医療機関の外来案内表示システム、空港のフライト情報案内表示システムなど、多様な業種の液晶表示システム。
製品のお客様イメージ 以下の施設を運営している企業
・スコアボードやバックスクリーンなどを備える競技場
・大画面スクリーンに映像を表示することができる映画館やコンサートホール
・大型表示板で患者の案内を行っている病院
・乗客に大型モニターで出発便や到着便の最新情報を表示している空港
・その他、広告や宣伝等の目的で表示装置を備え、一般客に情報提供を行っている施設
実施許諾対象企業イメージ 液晶表示装置を製造し、上記の施設に納入している企業。または、液晶表示装置向けの部品を製造している工場。あるいは、液晶表示装置の取り付けなどを行っている業者。

各技術の詳細

出願番号
特願2000-326676
公開番号
特開2002-131723
登録番号
第5118791号
出願番号
特願2000-320796
公開番号
特開2002-131744
登録番号
第4558915号
Page Top
L31