セルフチェックアウトシステム

技術の内容 ・買い物客が操作した端末から送信された商品情報と、商品を撮像した商品画像を管理装置に表示させることにより、バーコードの付与されていない商品の商品名や数量の入力が正しく行われたかを確認ことができる。(L2017001694)
・備え付けられたポリ袋が取り出されるごとに、その枚数を計上し、代金支払いの際に計上されたポリ袋の数に応じた代金を加算して精算できるようにする。(L2017001695)
・顧客がバーコードを読み取りした際、賞味期限切れまたは消費期限切れの商品であるかを表示し、購入する場合は、割引やポイント付与などの特典を与え、購入しない場合は、回収ボックスに投入させる。これにより、商品の無駄を最小限にし、店員の人件費を抑えることが可能となる。(L2017001696)
製品イメージ セルフチェックアウトシステムにおいて、買い物客の確実な精算を実現するとともに、生鮮食品などの安全な提供と、店員の人数を削減することができる。
製品のお客様イメージ セルフチェックアウトシステムを導入しているか、導入予定であり、レジ係の人件費や人手不足を解消したいと考えている小売店。また、食品などの管理をより効率よく行い、安全であることはもちろんのこと、さらに売り上げ向上を目指している小売店。
実施許諾対象企業イメージ スーパーマーケットや百貨店などの小売業。特にある程度の売り場面積を持ち、生鮮食品や日用品など数多くの種類の商品を取り扱っている企業。商品はバーコードによる管理が主体だが、生鮮食品などバーコードを添付できない商品も販売しており、レジではバーコードを添付できない商品を直接入力することにより精算している企業。また、セルフチェックアウトシステムを製造しているメーカー。

各技術の詳細

出願番号
特願2008-221015
公開番号
特開2010-055460
登録番号
第5280133号
出願番号
特願2008-221017
公開番号
特開2010-055462
登録番号
第5269523号
出願番号
特願2008-334140
公開番号
特開2010-157048
登録番号
第5296522号
Page Top
L31