半透複合膜の製造方法及び半透複合膜

開放特許情報番号
L2020000436
開放特許情報登録日
2020/2/26
最新更新日
2021/7/28

基本情報

出願番号 特願2019-218541
出願日 2019/12/3
出願人 国立大学法人信州大学
公開番号 特開2021-087907
公開日 2021/6/10
発明の名称 半透複合膜の製造方法及び半透複合膜
技術分野 機械・加工、化学・薬品、無機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 カーボンナノチューブを用いた半透複合膜の製造方法及びカーボンナノチューブを用いた半透複合膜
目的 成膜工程で塗工液を調整後、塗工するまでの間にカーボンナノチューブの凝集が進行しやすく、さらなる歩留まりの向上、さらなる透過流束の向上。
効果 歩留まりを向上することができる。また、脱塩率を維持しながら優れた透過流束を実現することができる。
技術概要
カーボンナノチューブとセルロースナノファイバーとアミン成分とを含む混合液を得る工程と、
前記混合液を多孔性支持体に接触させた後、前記多孔性支持体に付着した前記混合液中のアミン成分を架橋反応させることによって半透複合膜を得る工程と、
を含み、
前記混合液を得る工程は、カーボンナノチューブを含む第1水分散液とセルロースナノファイバーを含む第2水分散液とを混合する工程を含む、半透複合膜の製造方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 譲渡についての可・不可はそのときの状況によります。

登録者情報

登録者名称 株式会社信州TLO

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2021 INPIT