センサ用流路機構

開放特許情報番号
L2020000426
開放特許情報登録日
2020/2/26
最新更新日
2021/4/20

基本情報

出願番号 特願2019-152189
出願日 2019/8/22
出願人 国立大学法人信州大学
公開番号 特開2021-032659
公開日 2021/3/1
発明の名称 センサ用流路機構
技術分野 情報・通信、機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 センサ用の流路機構
目的 流路形成のための金型や機械加工技術や特殊な印刷技術が不要であって、流路の寸法精度の維持に優れ、製造が容易なセンサ用流路機構を提供する。
効果 流路形成のための金型や機械加工技術や特殊な印刷技術が不要となり、単に撥水性の糸と親水性の糸とを編み分けることによって、容易にセンサ用流路機構を提供することができる。
技術概要
撥水性の糸と親水性の糸とによって編まれており、前記親水性の糸によって所定の流路が形成されているセンサ用流路機構。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 譲渡についての可・不可はそのときの状況によります。

登録者情報

登録者名称 株式会社信州TLO

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2021 INPIT