溶接金網が木材杭で設置できる「網体の結合構造」の活用例

開放特許情報番号
L2018002657
開放特許情報登録日
2018/12/27
最新更新日
2020/12/22

基本情報

出願番号 特願2012-225283
出願日 2012/10/10
出願人 山野 昌二
公開番号 特開2014-076002
公開日 2014/5/1
登録番号 特許第5367141号
特許権者 山野 昌二
発明の名称 網体の結合構造、植物支持装置及び仕切り装置
技術分野 生活・文化、土木・建築、金属材料
機能 機械・部品の製造、環境・リサイクル対策、安全・福祉対策
適用製品 溶接金網(ワイヤーメッシュ、防獣用金網)
目的 ネジや部品を使用せずに溶接金網同士をくっ付けて長尺金網のように延長したり、くっ付いた金網同士の空間に木材杭を入れて溶接金網を簡単に設置できるようにする金網同士の結合方法を提供。
効果 溶接金網と角杭(45ミリ角×1,000ミリ)はどちらも定番商品で入手し易く、災害時の立入り防止柵として利用できます。木材の角杭は、植物とも良くなじみ家庭菜園やガーデニング用途にもうってつけです。
技術概要
溶接金網の突起部分は危険なものとされていたが、この突起部分を活用して2枚の溶接金網同士がかみ合うようにした金網同士の結合方法。

<補足>
2枚の溶接金網で一方を少し湾曲して、左右突起部分を他方の溶接金網マス目内に納めて力を緩めれば、湾曲した溶接金網の弾性により双方の溶接金網は、かみ合った状態を維持して固定されることを利用した金網同士の結合方法。
イメージ図
実施実績 【有】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2020 INPIT